ブラック研究室脱出作戦

目安時間10分

 

(初めての方は「蒼井空太のブラック研究室脱獄記」から読むことをおススメします)

 

 

さて、

 

大学を中退することをようやく決断した私。

 

その後は、

ブラック研究室からどう脱出するのかについて計画を立てることにしました。

 

 

いろいろ考えた結果、

 

ものすごくオーソドックスなのですが、

両親に手紙を書くことにしました。

 

 

 

 

・研究室の准教授から悪質ないじめを受けていること

 

・就職活動が嫌で、内定がゼロのこと

 

・集団行動が苦手で、周りと自分が何か違う気がすること

 

 

 

 

これらのことを簡潔にまとめて手紙を送りました。

 

 

 

 

すると次の日、

 

実家から血相を変えた両親が車で迎えに来てくれました。

 

 

 

 

 

ドンドンと扉を叩く音がして、

 

「開けてー!」と両親の声がしました。

 

 

私はドアを開けました。

 

 

 

外にはかなり焦った顔の両親がいたのですが、

 

 

私の顔を見て、無事生きていたのでホッとしたようです。

 

 

 

 

 

その後、私は両親に連れられて

 

近くのファミリーレストランで、

 

食事をしながら話をすることになりました。

 

 

 

 

 

メールを読んだ両親は、

 

准教授に対してかなり怒っており、

 

今後、どのようにして私を卒業させるか

 

を考えているようでした。

 

 

 

 

 

私は、大学を中退したいという旨を話したのですが、

 

 

 

両親二人から

 

「それは絶対に駄目だ!」

 

と一蹴され、

 

 

 

「とりあえず明日病院に連れて行くから、

 

実家に帰る支度をしなさい」

 

と言われました。

 

 

 

私は、

 

 

病院?

 

実家に帰る?

 

何のことだ?

 

 

と、いきなりのことでパニックになりました。

 

 

 

 

しかし、両親は私のことは置いてけぼりで、

 

「大学側には、こういう生徒を卒業させるための救済措置はあるのかしら」

 

 

「わからん。でも大学のカウンセラーの人に相談すれば、何とかなると思う」

 

 

「とにかく様子がおかしいから病院に連れて行かなきゃ」

 

 

「ああ、もし”うつ病”とかの診断書が貰えれば、

大学側から楽な卒業条件が引き出せるかもしれない」

 

などと相談し始めました。

 

 

 

 

 

 

 

私は、ただ大学を中退したかっただけなのに、

 

両親の介入によって、

 

やりたかったことの方向性がズレていきました。

 

 

 

 

 

このままでは、おかしな方向に話が流れてしまう・・・。

 

 

 

 

私はなんとか自分の言いたかったことを言おうとしました。

 

 

自分は病気なんかじゃないこと

 

集団行動が苦手で、会社員になれそうにないから起業したいこと

 

もう大学には行きたくないこと

 

 

 

 

しかし、

 

普段から自分が用意していたような

 

堂々とした説得ができず、

 

信じられないくらいかすれた小さな声で、

 

ぼそぼそとしか話せませんでした。

 

 

 

 

 

母親からは

 

「は?集団行動が苦手?」

 

「あなたは普通の子よ」

 

「飲み会が嫌?そんなん私やってそうやわ」

 

 

 

 

父親からは

 

「みんな我慢して会社に行くんや」

 

「つらいことがあっても仲間と乗り越えていくんや」

 

 

と言われ、

 

全く理解されませんでした。

 

 

 

 

 

私は、

 

「こんな人たちに相談するんじゃなかった」

 

と後悔しました。

 

 

 

 

 

その後、私は、

 

何が何だかわからないまま、

 

両親に連れられて、

 

荷物をまとめ、

 

無理矢理実家に帰らされることになりました。

 

 

 

 

そういえば、内定がゼロのことに関しては、何も触れられませんでした。

 

 

 

(それだけがラッキーだったな・・・)

 

 

と考えていると

 

 

明日も大学があることを思い出しました。

 

 

 

 

私は大急ぎで研究室の先輩に、

 

「明日は体調不良のため休みます」

 

と連絡を入れました。

 

 

 

 

こうして私は、

 

 

親に連れられて急遽実家に帰ることになったのです。

 

 

 

 

今日はここまで。

 

 

次回

 

「実家」

 

今までの記事すべてが読める過去記事一覧はコチラ↓

 

【目次】

 

 

 

このブログがあなたの成功に役立ちますように・・・。  蒼井空太

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
蒼井空太イチオシ商材


●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate 2.0(アンリミテッドアフィリエイト2.0)」

↑これ1本あれば十分。

他の教材は何も買わなくていいです。

管理人プロフィール

管理人:

マイノリティー・スーパー・アシスター

蒼井空太

発達障害の方、発達障害ではないけど集団行動が苦手な方、ひきこもりの方、スターシードの方など、

生きづらい思いをしている人たち(マイノリティー)が金銭的に自立して、自由に生きていけるように手助け(アシスト)する。

そういう思いを込めて自分自身に

『マイノリティー・スーパー・アシスター』

という肩書きを付けました。

 

【蒼井空太の経歴】

①ブラック研究室に配属され、教授からボコボコにされる(2016)

②大学を脱走(2016)

③ニートになる(2017)

④家族とハチャメチャに喧嘩して家族からも脱走(2017)

⑤運送会社で深夜にヘルメットをかぶって中年の冴えないオッサンたちと肉体労働しながら家でネットビジネスを始める(2017~2020)←今ココ!

 

はたしてこんな自分でもネットビジネスだけで食っていけるのか、自分自身がモルモットになって試すことにしました。

(※ほんとうに実験段階です)

地下アイドルを応援するような温かい目で見てください。

 

 

カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ
カレンダー
2021年9月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

ページの先頭へ