毒親に対する罪悪感をキレイにゼロにしてくれるイメージ療法『癒されながら夢が叶う!問題解決セラピー』

目安時間16分

 

 

(初めての方は「蒼井空太のブラック研究室脱獄記」から読むことをおススメします)

 

 

さて、

 

「癒されながら夢が叶う!問題解決セラピー」

 

という本を読んで、

 

親は大事にしなくてもいいんだ!

 

ということに気づくことができた俺。

 

 

その後は、

 

この本に載っている

 

イメージ療法

 

を用いて、自分を癒すことにした。

 

 

 

俺が今回この本から

 

紹介するイメージ療法は、

 

 

①実際に俺がやってみて、親からのストレスから解放されたイメージワーク

 

②害になる人間関係を断つイメージワーク

 

この2つだ。

 

 

ただ、注意してほしい。

 

 

②のイメージワーク、

 

害になる人間関係を断つイメージワーク

 

 

をやると、

 

嫌いな相手が

 

ほんとうに会社を辞めてしまったり、

 

引っ越していったり、

 

転勤したりということが実際に起こる。

 

 

なぜ自分の頭でイメージしたことが

 

相手が実際に消えることに

 

関係しているかというと、

 

 

俺たち人間は、

 

潜在意識下でつながっているからだ。

 

 

ちょうど、パソコン1代1代がインターネットでつながっているのと同じだな。

 

 

だから俺も、

 

②の方法を試してみたんだが、

 

実際に効果があった。

 

 

 

メチャクチャ強力なので、

 

本当に縁を切りたい、

 

二度と会いたくない、

 

と思う相手にだけ使ってほしい。

 

 

 

それでは行こう。

 

まず、

 

①実際に俺がやってみて、親からのストレスから解放されたイメージワーク

 

だな。

 

 

親からのネガティブな暗示を意識的に解くテクニック

 

 

①親からもらったネガティブな暗示を紙に書きだす

 

 

あなたが子供の頃、親に言われたことで、

 

今でもあなたを苦しめている言葉を紙に書きだしてください。

 

 

たとえば

 

「お前は、なにをやっても駄目だな」、

 

「あんたなんて、お嫁に貰ってくれる人いないわよ」、

 

「お前みたいなヤツ、ろくな大人になれっこない」、

 

「あんたブサイクね。誰に似たのかしら」、

 

「のろま!グズ!」、

 

「あんたなんか産むんじゃなかった」

 

などなど。

 

 

 

②目の前に親が座っているとイメージする

 

 

目の前に椅子や座布団を強いてください。

 

その上に、あなたにそのマイナスの暗示をかけた人、

 

つまりお父さんかお母さんが座っていると思ってください。

 

 

 

③紙を目の前の椅子(座布団)に置く

 

 

①で書いた紙を椅子(座布団)の上に置きます。

 

 

その時、お父さん(お母さん)に、

 

紙を渡していると思ってください。

 

 

④椅子(座布団)の親に言う。

 

 

椅子の上のお父さん(お母さん)に言います。

 

 

「これは、昔、お父さん(お母さん)から、

 

いただいたものです。

 

私は、これを大切にしてきました。

 

でも、今の私にはもう必要ありません

 

これは、あなたからいただいたものです。

 

ですから、あなたにお返しします。

 

ありがとうございました」

 

 

⑤その紙に火をつけて燃やす。

 

 

矢野惣一著「癒されながら夢が叶う!問題解決セラピー」

79ページより

 

 

 

どうだっただろか・・・?

 

 

 

これを読んだ俺は、

 

 

(こんなんで本当に親からの暗示が解けるのかなあ?)

 

 

と疑問だったのだが、

 

とりあえずやってみることにした。

 

 

 

まず最初に、

 

真っ白のA4用紙を取り出し、

 

 

今まで俺が

 

両親から言われたことをどんどん書きだしていく。

 

 

 

 

 

お前が起業なんてできるわけないやろ

 

集団行動が苦手?ハッ!そぉ~んなの妄想妄想

 

空太はお母さんの言うことさえきちんと聞いていればいいの

 

あんたのそのねじれ切った根性を准教授に叩き直してもらわないかんね!

 

 

などなど・・・

 

 

書きだしたら止まらなくなり、

 

だんだんムカついてきた。

 

 

なので、

 

俺は、

 

〇ねクソババア!

 

とか

 

消えろ!!

 

とか

 

しつこいんだよメールが!

 

仕送りも二度としてくんな!

 

とか

 

お前の介護なんて絶対にしないからな!

 

とか

 

もう無茶苦茶に書き殴ってやった。

 

 

 

ハァ、ハァ、ハァ・・・

 

 

 

かれこれもう10分くらい書き続けただろうか・・・

 

 

 

 

俺は今までの恨みを全部紙に

 

ぶちまけたので、

 

少しすっきりしていた。

 

 

 

俺は、もう十分書けたと思ったので、

 

 

向かい側に座布団を1枚敷いた。

 

 

そして、その座布団の上に、

 

両親が座っていることを想像し、

 

 

①で書いた紙を、

 

座布団の上に置いた。

 

 

その後、両親に向かって、

 

 

「これは、昔、お父さん(お母さん)から、

 

いただいたものです。

 

私は、これを大切にしてきました。

 

でも、今の私にはもう必要ありません

 

これは、あなたからいただいたものです。

 

ですから、あなたにお返しします。

 

ありがとうございました」

 

 

と言った。

 

 

いつもならこの後、

 

反論が飛んでくるところだが、

 

今回はエアー両親なので大丈夫。

 

 

 

初めて面と向かって

 

言いたいことを言えたので、

 

少しすっきりした。

 

 

 

俺は、その後立ち上がり、

 

 

紙を持ってキッチンへ向かった。

 

 

 

ガスコンロに手を伸ばし、

 

ガスの元栓を開き、

 

つまみをねじる。

 

 

 

チャッチャッチャッチャッ・・・・・・

 

 

ボウン・・・!!!!!

 

「ガスコンロ 炎」の画像検索結果

 

 

 

ガスコンロから青い炎が、

 

ボウボウと舞い上がっている。

 

 

俺は、先ほど書いた紙の先端を

 

炎に寄せた。

 

 

 

すると、紙の端っこが

 

瞬く間に燃え出し、

 

 

俺は、燃えている紙を、

 

フライパンの上に置いた。

 

 

 

紙は勢いよく真っ赤に燃えた。

 

 

 

俺は

 

自分の恨みつらみが書かれた紙が、

 

どんどん燃えていくのを、

 

ボーっとした表情で眺めていた。

 

 

いままで親にされてきたことが、

 

走馬灯のように頭に流れていく。

 

 

 

その時なぜか、

 

ツゥーっと

 

自分のほほに涙が伝った。

 

 

俺はそのとき

 

完全に無意識だったんだが、

 

自分が泣いていたことに気づいた。

 

 

 

そっか、

 

いままで相当親からのストレスにやられていたんだね、

 

もう親から解放されたいんだね、

 

辛かったんだね・・・。

 

 

 

 

俺は、

 

自分の恨みつらみが書かれた紙が、

 

あっという間に燃えていくのを、

 

ただひたすら眺めていた。

 

 

紙が燃え終わり、

 

すべて黒い灰になると、

 

 

 

何とも言えない、

 

スッキリした気分になっていた。

 

 

これが、

 

心が浄化されたってことなのかなぁ・・・。

 

 

 

これは、今まで体験したことのなかった感じなので、

 

 

紙が燃え尽きた後も、

 

俺はひたすら立ち尽くしていた。

 

 

 

《終わり》

 

 

 

次回はとうとう

 

②害になる人間関係を断つイメージワーク

 

ですね。

 

以下のリンクからご覧になれますので、

 

お楽しみください↓

 

 

次回

 

「イメージで毒親を本当に遠くに飛ばす方法「癒されながら夢が叶う!問題解決セラピー」」

 

今までの記事すべてが読める過去記事一覧はコチラ↓

 

【目次】

 

 

 

このブログがあなたの成功に役立ちますように・・・。

 

蒼井空太

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
蒼井空太イチオシ商材


●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate 2.0(アンリミテッドアフィリエイト2.0)」

↑これ1本あれば十分。

他の教材は何も買わなくていいです。

管理人プロフィール

管理人:

マイノリティー・スーパー・アシスター

蒼井空太

発達障害の方、発達障害ではないけど集団行動が苦手な方、ひきこもりの方、スターシードの方など、

生きづらい思いをしている人たち(マイノリティー)が金銭的に自立して、自由に生きていけるように手助け(アシスト)する。

そういう思いを込めて自分自身に

『マイノリティー・スーパー・アシスター』

という肩書きを付けました。

 

【蒼井空太の経歴】

①ブラック研究室に配属され、教授からボコボコにされる(2016)

②大学を脱走(2016)

③ニートになる(2017)

④家族とハチャメチャに喧嘩して家族からも脱走(2017)

⑤運送会社で深夜にヘルメットをかぶって中年の冴えないオッサンたちと肉体労働しながら家でネットビジネスを始める(2017~2020)←今ココ!

 

はたしてこんな自分でもネットビジネスだけで食っていけるのか、自分自身がモルモットになって試すことにしました。

(※ほんとうに実験段階です)

地下アイドルを応援するような温かい目で見てください。

 

 

カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ
カレンダー
2021年9月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

ページの先頭へ