紙とペンだけで自分の夢を100%叶える方法

目安時間13分

 

(初めての方は「蒼井空太のブラック研究室脱獄記」から読むことをおススメします)

 

 

 

さて、本屋へ行き、

 

神田昌典さんの

 

「非常識な成功法則」を購入した私。

 

 

家に帰った後は、

 

実際に読んでみることにしました。

 

すると、

 

驚愕の事実を知ることになるのです。

 

 

 

それは、夢を実現するために、

 

すべての成功者がこっそりと行っていたことでした。

 

 

それではどうぞ↓

 

 

 

神田昌典著「非常識な成功法則」

38ページより

 

 

 

成功者が誰にも教えないこと

 

 

引っ越しの際、独立のときに作ったノートが出てきた。

 

 

私の会社を設立する目的、

 

そして計画がルーズリーフに綴じられている。

 

 

このノートは、見ることがなかった。

 

計画どおりにいかなくなって、

 

途中で放り出したのだ。

 

すでに三年経っている。

 

 

きっと恥ずかしいことが書いてあるんだろうな。

 

そう思いながら、ノートをめくってみた。

 

 

「なんじゃ、こちゃ~!」

 

 

私は、椅子から落ちそうになったね。

 

目が飛び出しそうだった。

 

オーマイゴッド!

 

いきなり外人になっちゃったね。

 

 

なぜって、夢のまた夢と思っていた目標が、

 

全部達成できていたんだから。

 

 

背筋が凍ったよ。

 

 

その目標は馬鹿げている。

 

ほぼ実現不可能だったんだよ。

 

 

・独立二年で、サラリーマン時の年収10倍を実現する。

 

・土地を購入し、社屋・住宅を建設する。

 

・ダイレクト・マーケッターとして日本一の地位を築く。

 

 

一言でいって・・・身の程知らず。

 

 

無理もない。それだけ非常識な目標だったからね。

 

 

ところが、だよ。

 

出てきたノートを見たら、全部、その目標が実現しているんですよ。

 

それも知らぬ間に。

 

そりゃ、私だって、いろんな成功法則の本を読んでいるよ。

 

 

でも、読んでいるときは

 

 

「なんて胡散臭いタイトルだ。

 

こんなんで成功すりゃ、苦労しないぜ」

 

 

なんて思って読んでいたのだ。

 

 

そう。あなたと同じ立場だったのだ。

 

 

それが、だよ。

 

唖然。本当に目標が実現しちゃったのである。

 

いったい、なぜ実現したのか?

 

 

その秘訣を、あなただけにこっそりお教えしよう。

 

 

目標は紙に書くと実現する。

 

 

もう一度、言うよ。

 

 

紙に書くと実現する。

 

 

そう。紙に書くと実現しちゃうんだ。

 

 

「バカな。そんなアホらしいことを聞くために、

 

お前の本を買ったんじゃない!」

 

 

そう怒りたい気分はわかるが、

 

まぁ、ちょっと待て。

 

オレの話も聞いてくれ。

 

 

これが私だけに起こったことだったら、

 

あえて本にしないよ。

 

私のメンツに関わるからね。

 

でも、私が、

 

 

この自分の体験を恐る恐る講演会やセミナーで話していたら、

 

「私も、数年前に書いた目標が出てきたのですけど、

 

それが実現してたんですよ」

 

とか、

 

「私は20年前から、

 

この皮の手帳に目標を書いているんですけど、

 

ほとんど達成してますね」

 

 

という人が、続々と出てきたんだ。

 

つまり、成功している人っていうのは、

 

みんな隠れて同じことをやっていたんだよ。

 

あのイチローが、小学六年生のときに書いた日記って知っている?

 

 

 

―――僕の夢は一流のプロ野球選手になることです。

 

そしてその球団は、

 

中日ドラゴンズか、西武ライオンズです。

 

ドラフト入団で、契約金は、一億円以上が目標です―――

 

 

 

そう、書いていたらしい。

 

成功するか、しないかというのは、

 

自分の夢・願望・目標を紙に書くか書かないか、

 

それだけの違いでしかないんだな。

 

 

 

 

・・・どうだったでしょうか。

 

 

私はこれを読んで、

 

夢を実現するのはこんなに簡単なことだったのか!

 

と衝撃を受けました。

 

 

まるで金属バットで殴られたような衝撃でしたね。

 

 

 

これに感動した私は、すぐに試してみることにしました。

 

 

A4用紙1枚とボールペンを用意し、

 

実際に自分の夢を紙に書いてみることにしました。

 

 

 

ちなみに、神田昌典さんによると、

 

夢の書き方のコツは、

 

①もうすでにかなったかのように書くこと

 

②具体的な数字と固有名詞を交えること

 

③期限を設けること

 

 

この3つだそうです。

 

 

つまり、

 

 

「お金持ちになりたいです」

 

 

ではなく、

 

 

「2020年までに私は年収が1000万円になりました」

 

 

のように書きましょうということです。

 

 

 

そして、

 

この目標を書いた紙を、

 

クリアファイルに入れて常に持ち歩き、

 

朝晩かならず眺める。

 

 

 

そうすると、

 

その夢がいつの間にか潜在意識にインプットされ、

 

叶ってしまうということでした。

 

 

 

 

私はこの当時は「潜在意識」という言葉に聞き覚えがなかったのですが、

 

とりあえず、素直に紙に夢を書き込むことにしました。

 

 

 

 

私はどんな夢にしようか迷ったのですが、

 

とにかく組織に所属するのが苦痛だったため、

 

個人事業主としてやっていこうと思っていました。

 

 

 

また、研究室では准教授に不当に時間を拘束されたことから、

 

自由になりたいと思っていました。

 

 

 

そのため、紙には

 

 

 

「私は2年後に、

 

ネット上に自動収入を形成して、

 

毎月100万円が勝手にボンボン振り込まれるようになり、

 

幸せな自由人になることができました」

 

 

と書きました。

 

 

 

 

そして、それを誰にも見られないように、

 

クリアファイルに挟んで、

 

毎日持ち歩く生活が始まったのです。

 

 

 

 

その後、私にとんでもない変化がもたらされることになるのですが、

 

この時はまだ知る余地もありませんでした。

 

 

 

 

 

 

次回

 

「春夏秋冬理論で蒼井が成功する時期が明らかに!」

 

 

今までの記事すべてが読める過去記事一覧はコチラ↓

 

【目次】

 

 

 

このブログがあなたの成功に役立ちますように・・・。

蒼井空太

この記事に関連する記事一覧

コメントは2件です

  1. […] これは前回の記事で紹介した本やね。 […]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
蒼井空太イチオシ商材


●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate 2.0(アンリミテッドアフィリエイト2.0)」

↑これ1本あれば十分。

他の教材は何も買わなくていいです。

管理人プロフィール

管理人:

マイノリティー・スーパー・アシスター

蒼井空太

発達障害の方、発達障害ではないけど集団行動が苦手な方、ひきこもりの方、スターシードの方など、

生きづらい思いをしている人たち(マイノリティー)が金銭的に自立して、自由に生きていけるように手助け(アシスト)する。

そういう思いを込めて自分自身に

『マイノリティー・スーパー・アシスター』

という肩書きを付けました。

 

【蒼井空太の経歴】

①ブラック研究室に配属され、教授からボコボコにされる(2016)

②大学を脱走(2016)

③ニートになる(2017)

④家族とハチャメチャに喧嘩して家族からも脱走(2017)

⑤運送会社で深夜にヘルメットをかぶって中年の冴えないオッサンたちと肉体労働しながら家でネットビジネスを始める(2017~2020)←今ココ!

 

はたしてこんな自分でもネットビジネスだけで食っていけるのか、自分自身がモルモットになって試すことにしました。

(※ほんとうに実験段階です)

地下アイドルを応援するような温かい目で見てください。

 

 

カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ
カレンダー
2021年9月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

ページの先頭へ